MACMEN.TOKYO(マックメン) | MacBook Pro,MacBook,MacBook Air,iMac,Mac Pro,Mac mini

MacBook Pro,MacBook,MacBook Air,iMac Pro,iMac,Mac Pro,Mac miniについて主に紹介。これからMacを購入しようと思っている方や、Macを愛する方の為のMac専門メディア。たまにApple製品の紹介もします。

macmen.tokyo

Macbook Pro Retina

skylake を搭載したMacbook Proは結局ただの性能アップモデルになるんじゃないかという話

投稿日:

macmen.tokyo

筆者の職場はIT系の仕事がメインな為、エンジニア職の方やコンサルタント、デザイナー等の幅広いセクションの人間が働いてる。そんな職場の他愛もない会話の中で、Macユーザーが多い事もあり次期Macbook Proについて話題に成ることも少なくはない。今日もまた職場でエンジニアからの意見や、あらゆるサイトの新型Macbook情報を探している打ちに現行モデルを買ってしまうか、次期Macbook Proの発売を待とうか揺らいでしまったので記事にしようと思う。

ただのマイナーチェンジしかされない可能性

やはり今回のアーキテクチャ刷新の時期という事からMacbook Proのフルモデルチェンジが期待されているところ。だが、筆者の職場のエンジニアに言わせて見れば「それはない」との見解らしい。
なんでもMacではなくWindows環境のPCでskylakeの評判がすこぶるよくないからだそうだ。
なかでも一番大きく目立っている懸念点が、

  • 温度がめちゃめちゃ熱くなる

らしい。
確かに温度上昇はPC寿命にも関わるのですごく嫌なポイントである。
だが、実際は一体どうなのだろうか。筆者が狙っているのはMacbook Proだが、恐らく次期Macbookにもskylakeが搭載される事を考えるとファンレスモデルである事が故に温度上昇問題を放置するというのは考えにくい。クロック数の限界値を抑えてある程度は正常温度を保てるのではないか。ただし、そんな事をして肝心の性能を発揮しきれなければ全く意味はない。

最新型のiMac(skylake搭載)がモデルチェンジしなかったという事

つい先日「iMac Retina 4k display」が発表された。
当然こちらに搭載されているCPUはskylakeだ。(通りすがりさん、ありがとうございます。)
こちらは旧世代のBroadwelが搭載されているが、新たにアップデートされたiMac 27inc 5K display」にはskylakeが搭載されている。だが大きな変化はなく、大きく性能アップは合ったもののモデル自体のコンセプトに全く変化はない。
唯一変わった点があるとすれば付属アクセサリーが最新の「Magic mouse2」や「Magic keyboad」になっている事だ。
これはskylakeが搭載されたくらいではモデルチェンジには値しないというApple側の意識表明と捉えるべきなのだろうか。

skylake搭載型の年内発売は難しい。

次期Macbook Proや次期Macbookが前述の新型iMacの発表時に同時に来なかった時点で、2015年のうちに新型Macbookシリーズが発表される可能性が0に近いと言われているようなものだ。
また、この時期にリーク情報一つすらでないのも例年の状況から考えると希望すら感じられない。
なので、late2015モデルのMacbookシリーズは既存のスペックのマイナーアップデートにとどまるか、現状維持のどちらかだろう。

買うべきなのか、待つべきなのか

他記事でも紹介しているが、筆者のメインマシンはMacbook Pro late2011のCD/DVD Drive付き旧型モデルだ。

Retina displayでもないMacを使用している時点でそもそもアウトなのだが、未だにHDD搭載型モデルという事も恥ずかしいかぎりだ。これでも仕事とは言え、普段ITリテラシーの少ないクライアント達にソリューションを提案する立場なのに。

筆者の周りのMacbook Proユーザーで未だにRetina非搭載モデルを使用している人間はいないので、すぐにでも購入するべきなのではないかと日々考えさせられる。

実際どうなのだろうか。

このまま年内に新型Macbook Proが発売されず、late2015モデルが既存のBroadwellで少なからず多少のマイナーアップデートを受けたモデルが発売されれば買い時なのではないか。

現在発売中のMacbook Pro 13incの性能は素晴らしい。
職場の人間の現行Macbook Proを触らせてもらったことがあるが、筆者の所持モデルよりも段違いに速いし、目が疲れない。

skylake搭載のMacbook Proを待ち続けて時が経っていくより、現行のMacbook Proも充分にプロ仕様な事から買っても得な事が多いのではとも思います。

なので、いっその事買ってしまった方がいいのかも知れない。

(そうしたら、この記事を書くような苦悩ともおさらばできるだろう)

総括

上の項目で記述したとおり現行のMacbook Proを購入するでいいと思います。
ですが、筆者がいざApple storeでポチろうと思っても中々踏み切れない。
それは今まで待ちに待ったskylake搭載型の次期Macbook Proを買えなくなるという事と同意だからなのかもしれません。

結局のところ、今のこの作業効率の悪い中踏ん張るのは辛いが、
現行モデルを買ってしまったらskylake搭載型のMacbook Proが発売されてから必ず後悔すると思います。iPhone6sよりiPhone7の方がほしいと思うのも同じかもしれません。

なので、気長に待つことにします。

この記事を読まれてる方もある程度は古いMacbookシリーズをお使いなのでは?
私に付き合う事はありませんが、是非一緒にskylake搭載の次期Macbook Proの発売を待ちましょう。

 

くだらない駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

-Macbook Pro Retina
-, , , , , , ,

Copyright© MACMEN.TOKYO(マックメン) | MacBook Pro,MacBook,MacBook Air,iMac,Mac Pro,Mac mini , 2018 All Rights Reserved.