MACMEN.TOKYO(マックメン) | MacBook Pro,MacBook,MacBook Air,iMac,Mac Pro,Mac mini

MacBook Pro,MacBook,MacBook Air,iMac Pro,iMac,Mac Pro,Mac miniについて主に紹介。これからMacを購入しようと思っている方や、Macを愛する方の為のMac専門メディア。たまにApple製品の紹介もします。

Keepass X 複雑なアカウント入力でもオートで入力可能に!

      2015/10/25

macmen.tokyo
前回の記事でKeepass Xの基本的な使い方を載せましたが(過去記事へ)、今回は応用編です!
パスワードなどのアカウント情報を入力する際、パスワードの入力を2回求められたり、メールアドレスの入力を求められたりと、複雑なパターンになっているケースがあります。
「KeePass」では、こういったイレギュラーな入力欄にも、自動で必要事項が入力されるように設定する事ができます!

Keepass X カスタムキーストローク機能を使う

ログイン時にユーザー名とパスワードだけではなく、メールアドレスや、第2パスワードの入力を要求するものがある。デフォルトのKeePassだと、これらのサイトではパスワードの自動入力時にエラーが出てログインできないですよね。正確には正しく入力されてないという事なんですが。
しかし、自動入力の設定をマニュアルでカスタマイズする事でほとんどのサイトでKeePassが利用可能になる!

あらゆるログイン形態のサイトでもほぼ設定可能

早速カスタマイズ方法へ。意外と簡単ですからね!

サイトのログイン形態によって設定は変わってきますが、
画像のサイトを例にしてみます。
macmen.tokyo
まずは追加の「文字列フィールド」を設定し、メールアドレスや第2パスワードを登録します。その後、自動入力の「カスタムキーストローク」を設定します。
自動入力は単にキーボードの操作を自動化しているだけなので、ログインする際のキー入力をそのまま指定すればOK。
例えば、ユーザー名の入力・「Tab」キー、パスワードの入力・「Enter」キーと押せばログインできる場合、「{UserName}{TAB}{Password}{ENTER}」と指定する。
文字列フィールドに登録したデータは「{S:登録名}」になるので、組み合わせて設定します。
あとは通常通りホットキーを押すだけ。
4つ以上の項目がある場合や、チェックボックスへのチェックが必要なウェブサービスの場合も同様に設定すればログインできるようになります。
チェックボックスはspaceキーを押す事でチェック付けができるサイトが殆どなので{space}と入力すればOKです。

 - Keepass X, Tips , , , , , ,